日本には伝統的な男女の考え方があります。
早くに結婚をして、父母を敬い、子どもを産み、そして立派に家をつなげていくというものです。
もっとも、今ではそうした伝統的な考え方はすっかり廃れてしまいましたが今でも残るある考え方があります。

■セックスは結婚前に持つべからず
それは「セックスは結婚する前にしてはいけない」というような考え方です。
厳格にこのような教えをしている家は少なくなりましたが、それでも「できちゃった婚」が登場した当時は「そのようなことはとんでもないことだ」などと大々的にたたかれたものです。

■セフレの関係なんてもってのほか?
そういうことから、男性と女性の間でセフレの関係を持つなんてとでもないという方がいらっしゃいます。
確かに「婚前にセックスをしない」という考え方に照らせば、セフレなんて恋人はおろかただのセックスのための友人ですからとんでもないという考え方につながるのでしょう。

■人間がセックスをする理由
とはいえ、そうした考え方は今となってみたらもはや時代錯誤も良い考え方といえるでしょう。
そもそも人間は、子孫を残すためにセックスをするばかりではなく「男性と女性のぬくもりを感じるためにするもの」と位置づけられます。
すなわち、コミュニケーションの一つだと考えればセックスだって挨拶や会話の延長線上にあるものと位置づけられるのです。

■悪いことではない
そう、セックスフレンドを持つと言うことは悪いことではなくむしろ人間のコミュニケーションをとりたいという本能から照らせばごくごく普通のことなのです。
それをいけないかのようにする風潮はあまりよろしいものとはいえないでしょう。

■節度あるセックスを
だからといって、望まない妊娠もいとわず性病の感染もいとわないようなセックスは褒められるものではありません。
セックスフレンドの相手は男性にしても女性にしても元々は赤の他人のわけですから「親しき仲にも礼儀あり」、セフレの関係を上手に続ける心配りを忘れないでくださいね。